すすきの店舗型ヘルスに潜む大怪獣

すすきのは娯楽の少ない街、かつ、酒の文化の深い街だ。

友人と楽しく酒を飲み、盛り上がった後で選択肢の一つとして自然に浮上するのが風俗だ。

中でも手頃な店舗型のヘルスに行った機会は、多くはないが多分に漏れず自分にもある。

ある店舗に友達3人と行った時の経験で、じゃんけんで指名を選ぶのは多人数で行った時のあるあるだと思うのですが…想像の通りここで負けました。

もちろん一番待たされて30分ほど待った後、呼ばれて嬢と面通しになった時に言葉を失いました…。

ミニラです。目の前にはミニラが居たのです。

何事も経験だと意を決し、戦いに向かうことにしました。

ベッドとシャワーだけがある簡素な部屋に通され、ひとまずタバコを吸いながら頭をよぎったのは『一体何をしているんだ』と言う虚無感でした。

ウーロン茶を飲みながら、シャワー浴びる?と聞かれるがままに服を脱ぎシャワーを浴びました。濡れた体を拭き腰にタオルを巻いたまま簡易なベッドに腰をかけ…またタバコを吸いました。タバコ美味い。

嬢はシャワーから上がると、間髪入れずに跪きプレイに入りました…後にも先にもこの時だけなのですが、全く無反応でタバコを吸いながら股間で動く嬢の頭をある意味他人事の様に眺めていました。

中折れなんてもんじゃなく、開戦の狼煙すら上がらない状態で流石に諦めウーロン茶のお代わりを飲んだ後そそくさと服を着て部屋を出たら一緒に行った友人が可愛い女の子に見送られていました。

見送りが他の客と同じタイミングになるのは絶対にあってはいけない。ミニラよ、貴様はそこすらミスするのか…と憤りを感じながら店を後にした苦い夜でした。


You may also like